香りのお守り「禅心香・柚子のミスト」

 ~超ストレス社会にこの1本~

 

マインドフルネス  x  日本の心  x  資源の有効利用

マインドフルネス

禅僧で精神科医でもある川野泰周氏と共同開発!

 情報過多のIT時代において私たちの脳と心は、思った以上に疲れています。原因不明の体調不良に悩む人、なんとなく意欲が出なかったり、気分が沈みがちだったりする人が大変多いのが現状です。

 アロマクエスト㈱は、多くの企業向けにマインドフルネス*の実践をしている、禅僧で精神科医でもある川野泰周氏と、香りのお守り「禅心香・柚子のミスト」を共同開発しました。「禅心香・柚子のミスト」は、”香りのお守り”として、肌身離さず持ち歩け、いつでもどこでも気軽に使用できるミストになります。

 ストレスの多い現代社会に生きる人たちなど、一人でも多くの方々に、“心のゆとり”がもたらされればと思います。

※マインドフルネス・・・あれこれ考えず、目の前のことに集中する姿勢。GoogleYahooなど、一流企業が仕事術として社員研修に取り入れている。

ご購入はこちらから。

「Amazon」、「Yahoo!ショッピング」、「BASE」で販売しています。

*「マインドフルネス豆知識」小冊子付き

【香りのマインドフルネス・4ステップ】

 香りを用いたマインドフルネスは、多忙な日々のほんのわずかな時間を使って、心をリセットし、疲れやストレスを緩和することができる手法です。

1.一度、大きく深呼吸


その場で軽く背すじを伸ばして、一度大きく深呼吸をしてみましょう。吸う息とともに新鮮な空気が体いっぱいに取り込まれ、吐く息とともに全身の疲れや緊張を手放すイメージです。

2.「禅心香・柚子のミストを嗅ぐ」


ハンカチやティシュに吹き付けた柚子の香りを嗅ぐ。

「禅心香・柚子ミスト」は日本古来から親しまれてきた柚子の爽やかな香りを安全に楽しめるので、マインドフルネスに最適です。

3.頭に浮かんだイメージや身体の感覚をあるがままに観察


香りとともに心に浮かんできてたイメージや、景色、体の感覚があれば、それをあるがままに観察して楽しんでみましょう。

 

4.もう一度深呼吸


もう一度深呼吸をしたら、ゆっくりと目を開けて下さい。数分間のリフレッシュ習慣で、心に少しだけ、ゆとりを持ってみてはいかがでしょうか。

日本の心

無駄を出さない禅の心、日本の心を、香りに込めました。

禅の心は日本の心。

禅の修行道場では、ご飯一粒、水一杯無駄なくいただきます。

外から草鞋(わらじ)を履いて帰ってくれば、バケツ一杯の水を分け合って足を洗います。

最後まで物を大切に扱うことで、自分にも、他の人にも、思いやりを忘れません。

日本古来から親しまれてきた柚子。

現在でも食材として人気ですが、残念ながらその果皮は年間数百万円をかけて廃棄されているという現状もあります。

ゆずの香りは、果皮に凝縮されています。

その果皮を利用して香りのミストにしました。

無駄を出さない禅の心、日本の心を、香りに込めました。

せわしない毎日に、ほっと一息つきたいとき、気分を入れ替えたいときに、一押しでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

日々の暮らしに、ひとひらの「禅」を。

資源の有効利用

ゆず果皮の再利用

 日本の食文化・食産業の海外への普及もあり、ゆず市場は拡大しています。

ゆずの生産を増産するために、平成20年頃から高知市では、計画的植木や生産技術講習会の開催など生産振興に取り組んできました。その甲斐もあり10数軒だったゆず生産者は現在では200軒を超え、安定的に収穫が確保できるようになりました。
その一方で、果汁搾汁後の果皮の廃棄に年間500万円もの処分費用が発生するようになりました。

新技術:マイクロ波抽出法

【新技術】

 高知市では、この廃棄しているゆず果皮をバイオマス資源として有効利用できる新技術「マイクロ波抽出法」**を導入しました。
 この抽出法では、8時間の稼働で500kg、年間で約137,500kgの果皮を処理することができます。これまで廃棄するしかなかったゆず果皮から、ゆず精油、ゆずエキス蒸留水、乾燥果皮といった3つの製品が生成できます。水・溶剤・添加物を一切使用しないので安心安全であり、香りが強くゆず本来の香りを楽しむことができます。
 このゆずエキス蒸留水を使用して「ゆずの香りミスト」が完成しました。
どうぞ、“生”のゆずの香りでお楽しみください。

*マイクロ波抽出法・・・電子レンジ内で発生するようなマイクロ波を真空に近い環境でユズ果皮に照射することで、低温(40~50℃)で沸点を迎えたユズ果皮中の油分や水分が気化するため本来の香りが抽出できます。

商品の特徴

・高知土佐山産の天然100%のゆずエキス蒸留水(芳香蒸留水 / floral water)に、ゆず精油をマインドフルネスに適した割合で配合したオリジナルブレンドです。

香りは自然に消えていくのでまわりも気になりません。

・水・溶剤・添加物を一切使用していません。

 

環境に配慮し、ゆずの果汁搾汁後に廃棄していた果皮を再利用しています。

・外袋は捨てずにそのまま持ち歩き用として、また、飛行機内に持ち込めるジップ式透明袋を採用しています。

・「香りのマインドフルネス」のイラスト付き説明書入り

 

・海外の人にも人気の高い、和紙のラベルを採用。

・川野泰周直筆のロゴ入りラベル

(左)弊社代表 金杉高広
(右)川野泰周氏
林香寺にて

ゆず畑
高知県

マインドフルネス講座
林香寺にて

商品概要

■商品名:香りのお守り『禅心香・柚子のミスト』

■成分:ゆずエキス蒸留水、ゆず精油

■学名:Citrus junos

■科名:ミカン科 

■産地:日本(高知県) 

■採取部位:果皮 

■価格:700円(税抜) 

■容量:10ml (150回噴霧可能)

■パッケージサイズ:65 x 125 x 26(mm)

■保管期間:6ヶ月(元封:冷暗所保管)

■新技術マイクロ波抽出法により抽出

ご購入はこちらから。

「Amazon」、「Yahoo!ショッピング」、「BASE」で販売しています。

*「マインドフルネス豆知識」小冊子付き

 

●禅心香のカタログはこちらからダウンロードできます。

※PDF形式のファイルがダウンロードされます。

【川野泰周氏】 精神科・心療内科医/臨済宗建長寺派林香寺(神奈川県横浜市)住職。 

 2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業後、精神科医として診療に従事。

 2011年より建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行、2014年末より横浜にある臨済宗建長寺派林香寺住職となる。

 現在寺務の傍ら都内及び横浜市内にあるクリニック等で、うつ病、神経症、PTSD、睡眠障害などに対し薬物療法と並び禅やマインドフルネスの実践を含む心理療法を積極的に取り入れた診療にあたっている。

 また、日本アロマ環境協会(AEAJ)が発刊している「ナチュラルビューティスタイリスト検定」の公式テキストの監修にも携わる。

 

著書:「心と身体の正しい休め方」、「人生がうまくいく人の自己肯定感」、「あるあるで学ぶ余裕がないときの心の整え方」など多数。2019年5月に「会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン」が発売された。

日本アロマ環境協会主催イベント「2019年度 第5回 アロマ大学」札幌会場(9月1日)大阪会場(11月30日)沖縄会場(3月8日)の3会場にて、メンタルヘルス学科の講義で登壇予定。

【川野泰周氏】 著書一覧と解説

①あるあるで学ぶ 余裕がないときの心の整え方(2016年、インプレス)

 マインドフルネス、心理学、精神医学の中から現代を生きる上で役立つ実践法や考え方を幅広く盛り込んだ、心を整える入門書

②悩みの9割は歩けば消える(2017年、青春出版)

 歩くことが心と脳にもたらす効能を詳しく解説し、悩み多き時代を生きるためにできることを説く一冊

③脳がクリアになる マインドフルネス仕事術(2017年、クロスメディア・パブリッシング)

 全てのビジネスパーソンに向けた、心と脳をクリアに保ち、やりがいをもって働くためのマインドフルネス入門書

④ぷち瞑想習慣(2018年、清流出版)

 一番易しく、一番優しい、マインドフルネスの本。誰にでも気軽に手に取っていただきたい一冊

⑤ずぼら瞑想(2018年、幻冬舎)

 毎日の生活に、少しの工夫でマインドフルネスは実践できる。ずぼらな人にこそ知っていただきたいお手軽瞑想法を紹介した本

⑥人生がうまくいく人の自己肯定感(2018年、三笠書房)

 苦しみを手放し、幸せに生きるために無くてはならない自己肯定感と、その高め方について解説した意欲作

⑦「精神科医の禅僧」が教える 心と身体の正しい休め方(2018年、ディスカバー21)

 誰もが抱える「疲労」に焦点を当てて、その解消法を様々な角度から紹介した一冊

⑧会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン(2019年、すばる舎)

 ストレスと無縁ではいられない現代社会の全ての人に向けた、幸せに生きるためのメッセージ。著者の集大成的一冊

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはお問合せフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

070-3535-1209

受付時間:10:00~17:00(土日祝を除く)